地下鉄などでつなげられるか

WIMAXは回線工事も必要なく、さらに通常のインターネット回線のように配線もありませんので移動も簡単にできます。 通常のインターネットであれば多くの配線がありますので、室内でしか利用できません。 しかしWIMAXであればそのような余計な配線もありませんので、室外でも簡単に利用できます。 そのため出張先や旅行先などにおいても、快適にインターネットを利用できるようになりました。 また最近は通信エリアも拡大されていますので、利用者も増加してきています。

■WIMAXの地下鉄利用について

WIMAXの利用を考えている人の中には、その通信エリアに興味を持っている人も多いのではないでしょうか。 WIMAXの通信エリアは全国的に広がっていますので、様々な場所で利用する事ができるようになっています。 例えば公共施設などでも可能ですので、その利用用途も広がってきます。 公共施設ですが、例えば地下鉄でも通信可能になっています。 WIMAXが登場した当初は、まだほんどの地下鉄では通信できませんでした。 しかし最近では多くの地下鉄でも利用できるようになっています。

UQコミュニケーションズでも、地下鉄での通信に力を入れています。 最近はWIMAX2+の利用者も多くなってきた事もあり、都営地下鉄でのWiMAX 2+の通信サービスも始まっています。 現在都営地下鉄におけるWIMAX2+のサービスエリア整備は全て完了し、全線での利用が可能になっています。 今後も、その他の通信サービスエリアの充実にむけて展開しています。 全国の主要鉄道路線においても、WIMAX通信が快適に利用できればとても便利になります。 今後の展開に大いに期待したいものです。