乗り物の中で

インターネットを利用をする人も多くなってきました。 最近は仕事や趣味などで、インターネットを利用する人が多くなっています。 今までのインターネットは、室内の利用が主になっていました。 しかし最近はWIMAXを利用する事で、外にいても利用できるようになりました。 そのため、仕事などでWIMAXを利用する人も増えてきています。 WIMAXの通信速度も早くなっていますので、外出先でも快適に利用できるようになっています。

■乗り物の中での利用について

WIMAXを利用する事で、室内のみならず外にいても簡単にインターネットを利用する事ができます。 WIMAXの利用を考えている人の中には、公共交通機関を利用する人もいます。 そのためこのような公共交通機関でも、WIMAXが快適に利用できるのかが問題です。 その辺はどうなっているのでしょうか。

乗り物の中でのWIMAXの利用ですが、電車で走行中の場所がWIMAX対応のエリア圏内であれば可能です。 乗り物の走行範囲が通信可能エリア内であれば、問題なく利用できます。 しかしエリアによっては、トンネルを通過する度に通信が途切れる事もありますので注意してください。 乗り物については、田舎と比べても都市部の方がその条件が良くなってきます。

例えば電車の中ですが、電車の中であればビルの中と比べて電波も通りやすくなっていますのでネット接続に支障はでません。 しかし回線が全て途切れないかどうかは、その時の環境によって異なってきます。 そして新幹線ですが、新幹線はスピードも速いので心配する人もいますが、新幹線の中でも特に問題なく接続できます。 このように、WIMAXは乗り物の中でも快適に利用できます。