周波数帯の違いについて

WIMAXを利用する事によって、インターネットも快適に利用できます。 WIMAXであれば邪魔な配線もありませんので、外出先でも簡単に利用できます。 そのため外にいても仕事ができますので、時間や手間も省けます。 また以前と比べて回線速度も速くなっていますので、インターネット上の重いデータもストレスを感じる事なく入手できるようになりました。 このように、WIMAXの利用用途も広がってきています。 そしてWIMAXを利用する時は、周波数が大きく影響してきますので理解しておく必要があります。

■周波数から見たWIMAXについて

WIMAXを利用する時、周波数を使う事になります。WIMAXの周波数ですが、一般的に2.5GHz帯を使用しています。 例えば高い周波数、低い周波数、それらの性質を把握しておくと利用しやすくなります。 携帯電話会社も多くの周波数を利用しています。例えばdocomoなども、多くの周波数帯を持っています。 周波数帯を見てみますと最も低い周波数は800MHz、そして最も数値の高い周波数はWIMAXの2.5GHzになります。 このように周波数の数値の高低によって、電波の特徴も変わってきます。

WIMAXの2.5GHzのように高い電波は、直進性も高くなっていますので光に近いものになります。 そのため高速ブロードバンド通信など、回線速度も速くなってくるのです。 しかしオフィス街など、コンクリートが多い場所では電波も届きにくくなります。 そして低い周波数は、音に近い性質を持っています。 そのためこちらは建物などの障害物も回避でき、電波も届きやすくなります。 しかし実際の通信速度については、天候や周辺環境、また基地局までの距離などによって変わってくる事もあります。