【噂】雨が降るとつながりにくい

インターネットを利用する人が増えてきましたが、同じようにWIMAXで通信する人も増加してきています。 WIMAXを利用する事で、自宅以外の外でもインターネットが利用できますのでとても便利です。 仕事や趣味にその利用用途も広がってきますが、その速度についてある噂があります。 それはどう言うものかと言うと、WIMAXは雨の日になると繋がりにくくなるという話です。 実際のところはどうなっているのでしょうか。

■WIMAXの内容は携帯電話と同じです

WIMAXの中には小型アンテナが装備されており、このアンテナによって外からの周波数を取りいれています。 この仕組みは、携帯電話と同じです。 携帯電話自体も普及し始めの頃は電波を受信する基地局が多くなった事もあり、繋がりにくい現象がよく起こっていました。 そのため直接の原因は周波数の問題で、雨などの天候が直接の原因になる事はありません。 雨が降っても携帯電話が繋がるように、WIMAXも雨が降った時でも繋がります。

■WiMAXの通信速度と天候について

WIMAXは無線を利用したネットワーク回線になりますので、いろいろな原因によって通信速度に影響が出る事があります。 通信速度については、利用者からよく天候が悪い時に回線速度が少し遅くなるなどの意見もあります。 確かにWIMAXの回線速度については、天候による影響も若干ですがあります。 WIMAXの無線通信については、その他のモバイル通信と比較して電波を受信しにくい性質を持っています。 そのため障害物の影響をも受けやすくなり、雨や雪が降った時に電波を受信しにくくなる事もあります。 このように天候の影響は皆無ではありませんが、速度のついてはどちらかと言うと利用者の増加が大きな要因になっています。