WiMAXと他の通信技術について

WiMAXとは無線によるネットワーク接続の規格です。2009年に本格的なサービスを始めたUQはサービス名としてそれをそのまま用いました。
それ以降、WiMAXはビジネスを中心に急速に普及してきました。最近ではスマホの流行もあり、パーソナルユースでの契約も多くなってきています。
とはいえ、Wi-Fi、ウルトラWi-Fi、4Gなどと似たような用語が多くありそれが何なのかはっきりしない人もいるでしょう。
中にはそれがWiMAXだと知らずに使っている人だっているかもしれません。
そこで、ここで簡単に用語の違いについて整理してみましょう。

WiMAXとWi-Fiの違い

Wi-Fiとは無線LANにおける異種メーカー間の相互接続性を保証するものです。
簡単に言えばともにWi-Fiというマークが表示されていればメーカーを気にすることなく接続ができるということです。
また無線LANはLANと名の付くように、ローカルなネットワークを無線で接続します。一方のWiMAXはWANに接続します。

ウルトラWi-Fiというものがあるけれど

これはソフトバンク社のサービス名です。WiMAXと似た仕組みのウルトラスピードというサービスとの組み合わせで、理論値において、Wi-Fiより若干通信速度が速い(理論値)サービスを提供します。

3.9Gや4Gって何?

今使っているケータイが第三世代で3Gと表されるのと同列で、3Gより進んだ技術を表します。また、これらはLTEとも呼ばれています。
当初は、4Gへの橋渡しという意味で3.9Gとしたようですが、この技術を4Gと呼んでいいということになったので4Gと呼ぶ所もあります。
WiMAXとは違うものですが、仕組みも内容もWiMAXと似ています。

WiMAX、ウルトラWi-Fi、LTEどれを選べばいいのか

どれも仕組みは似通っていますし、内容にもほぼかわりがありません。現にウルトラWi-Fiの説明をしているソフトバンクのページでは理論値はWiMAXより上ですが通信速度は変わらないと言っています。
それでは何でもいいかというとそうではありません。
自分の生活において、いかに通信を維持するかというプランを立て、それに沿った選択をすべきでしょう。

やっぱりWiMAX!?

その点から考えてみれば、やはり早くから普及し人口カバー率99%を誇るWiMAXに分があるでしょう。
私の友人は、少しでも早いものをとウルトラWi-Fiに変えたようですが、それが会社で繋がりにくいと嘆いています。もともと、WiMAXでも速度の遅かった場所なので仕方がないのかもしれません。
私は、ここはもうしばらくWiMAXで様子をみようと考えています。