WiMAXの欠点とは? 電波特性から読み取る

WiMAXの欠点とは? 電波特性から読み取る

外でもネットが使える・工事がいらない等々、WiMAXはメリットばかりのように思えますが、もちろんデメリットもあります。

電波が壁に弱い

WiMAXと携帯電話の電波WiMAXは、2.5GHz以上の周波数帯を使って無線通信を行います。携帯電話では、800MHz帯から始まるWiMAXより低周波の電波が使用されています。

家庭内でよく使われる、ブロードバンド無線ルータの周波数帯が2.4GHz帯であるように、高周波は比較的短い距離で使用されます。

電波の性質について

これは、高周波になるほど電波の直進性が増し、逆に回折という電波が障害物を回り込んで到達する特性が失われる事に関係します。低周波ほど回折するため、ビルの谷間でも電波が届きやすくなるという利点があります。

携帯電話は、繋がることが第一なので、繋がりやすい低周波が使用されているのも納得がいきますし、無線ルータにしても家庭内において、見通しが悪い(障害物が多い)場所はそれほどなく、2.4GHz帯で出力が小さくても元々の距離が短いので、鉄筋コンクリートの建物なら別ですが、あまり問題になりません。

WiMAXと携帯電話の電波ところが、WiMAXは広域のサービスでありながら、2.5GHz以上の周波数帯を使用しています。周波数が上がれば通信速度も上げやすい利点があるからです。

これが何を表しているかというと、回折しにくい高周波を使っているため、屋内や障害物のある環境に弱くなるという事です。

実際、屋外と屋内では極端に通信速度が変わりますので、普段、どのような使い方をするか考えて導入を検討する必要があります。

屋内でWiMAXを快適に使うコツ

回折しにくく障害物に弱い高周波帯の電波を利用するWiMAXは、屋内まで電波がうまく入ってこないことがつながりにくくなる原因になっています。

なるべく窓に近い場所へWiMAXルーターを設置することが簡単にできる対策です。また、想像以上にWiMAXルーターとWi-Fi接続している機器は離れていても十分につながることが多いです。

ですから、WiMAXルーター本体を建物の外に出してしまうという方法も場合によってはありだと思います。(もちろん盗難や雨風の対策を考えなければいけませんが)

WiMAX2の電波について

WiMAX2は、WiMAXの後継にあたり従来のWiMAXとより高速化したWiMAX、さらにauが提供するLTEの通信を併用することができることが特徴です。

ポイントはLTEが使えるということです。LTEは大手ケータイキャリアが採用している高速データ通信の規格です。WiMAXよりもずっと低周波帯を利用しているので屋内でもつながりやすいのです。

WiMAX2なら、高周波帯と低周波帯を使い分けることができるので、使う場所でつながりやすい電波を選択することができるのです。

【当サイトオススメNo.1】WiMAXプロバイダーはこちら