クレジットカードで支払うメリット

WiMAXの契約の際、一般的にクレジットカードでの料金払いを要求されます。
プロバイダのなかには、口座振替や請求書でのコンビニ払いも選択できますが、なぜ一般的にクレジットカード払いが多いのでしょうか?
その理由は、契約者側・プロバイダ側のそれぞれにメリットがあるからです。

契約者側のメリットとしては、何と言っても手続きが簡単でスピーディーというところです。
クレジットカードを所持しているということは、既にクレジットカード会社に本人確認書類を提出し審査にも通った、
信用のある人間だと証明されていることになります。
そのため、改めて本人確認等の手続きや細かな審査をする時間が短縮され、よりスピーディーに契約することができます。
最近では家電量販店などでも契約でき、契約時間も30分~1時間ほどで済むそうです。
これがクレジットカード払い以外になってしまうと、本人確認書類や契約書をプロバイダに送り何日も審査を待つ必要があり、
申し込みから契約に到るまでに1ヶ月~2ヶ月ほどはかかります。

プロバイダ側のメリットとしては、上記のように会社側でも改めて本人確認等の審査を細かくする必要がありません。
1ヶ月ほど要していた手続きが30分ほどで済むということは、より多くの契約をし顧客を獲得できるということです。
そして何よりも、クレジットカード払いにすることで料金滞納がなく、確実に支払われ収益に繫げることができ、
会社としてやっているのだから、収益を考えるとクレジットカード払いを指定する方がより安心できるということです。

これらのことから、近年の屋内外でインターネットを楽しむ時代には契約者・プロバイダ共にメリットが大きく、一般的にクレジットカード払いが普及した背景とも言えます。