口座振替で契約する際の審査について

WiMAX口座振替契約前の審査とは?

審査と言っても身構える必要はありません

WiMAX口座振替契約の審査とは

WiMAXの契約には審査が必要になります。
使用料がかかるものですから、プロバイダ側としても滞納などされては困ります。
そこで審査をかけてから契約となります。

一般的にWiMAXはクレジットカードでの支払いとなりますが、プロバイダのなかには口座振替が可能なプロバイダもありま
クレジットカードなら、カード会社との契約で既に細かな審査をかけられてから契約してカードを所持しているので、
もう信用があり一から審査にかける必要がありません。
しかし、口座振替を選択した場合には細かな審査が必要となります。

審査の内容は簡単

「審査」と聞くと少し身構えてしまいますが、簡単な内容です。
内容は、携帯電話会社の審査のようなものです。
名前や住所などの本人確認だけでなく、情報を共有している会社に滞納はないかなどが審査内容になります。
多額な借金があったり数ヶ月も滞納している料金がある人は別として、
過去に支払いが遅れたことがあってももう完納しているのなら問題はないでしょう。

犯罪防止のために審査は必要

犯罪防止

WiMAXの契約で審査が必要なのは、料金を滞納されては困るから・・・ということだけではありません。
インターネット上で契約できるプロバイダもあり、簡単に契約できるので悪戯防止のためでもあります。
最近では家電量販店などでWiMAXを契約すれば家電が○円割引などのキャンペーンをやっており、
家電を安く買うために名前や住所を偽って複数契約するような詐欺なども問題になっています。

そういった犯罪防止のためにも審査が必要です。
審査には本人確認書類が必要ですし、手間がかかり面倒ですが、
そういった審査がない方が、最近では「いい加減な会社」「なんか怪しい」と疑われてしまいます。
しかし、これで契約者側・プロバイダ側共に気持ちの良い契約ができるのなら、その方が安心して契約することができます。

安心してWiMAXを契約するためにも審査が存在する
【当サイトオススメNo.1】WiMAXプロバイダーはこちら