ポケットwifiのデメリット

ポケットwifiを利用する人も多くなっています。
このポケットwifiがあれば、安い通信費でインターネットを利用できます。
またwifiを経由して、多くの情報機器をインターネットに接続することが可能になります。
ですので、複数の通信回線契約を結ぶ必要もありません。
このようにポケットwifiを利用するメリットはありますが、デメリットはあるのでしょうか。

■使用時には注意してください

このポケットwifiにも、デメリットは存在しています。
その一つは、通信時間の問題です。
インターネットを利用する時は、その通信時間も重要になります。
しかし端末はとても小さくなっているので、それだけバッテリー容量も小さくなります。
それゆえ通常のインターネット回線みたいに、常時接続はできません。
通信が途中で途切れると、さまざまな影響が出てきます。
特に仕事で利用している場合は注意が必要です。
ですので、事前にバッテリーの容量を確認しておく必要があります。

■通信エリアや速度の問題も

そして次は通信エリアの問題です。
通信会社がデータ通信サービスを提供していないエリアにおいては、インターネット接続ができません。
出張先でインターネットを利用する場合、この通信エリアに注意する必要があります。
また通信速度の問題もあります。
固定の常時接続のインターネット回線と比較して、通信速度があまり安定しない場合もあります。
地域によって通信速度も変わってきます。
またプロバイダーによって、ポケットwifiのデータ通信が規制されている場合もあります。
それゆえインターネットを利用する時は、事前によく確認しておく必要があります。
このようにとても便利なポケットwifiですが、デメリットもありますので注意しておいてください。