「WiMAX」と「LTE」どちらがオススメ?

WiMAXとLTE

インターネットの普及で、外出先でも無線モバイルルーター(wi-fi)などを利用してインターネットを楽しむ人が増えています。最近では駅やコンビニ、カフェなどでも無料wi-fiスポットが設置され、より身近なものになってきています。

この無線モバイルルーターでよく聞くのは「WiMAX」と「LTE」です。モバイルルーターを使ったことがないという人でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

そこで今回はWiMAXとLTEについてそれぞれの特徴についてみていきます。購入を考えていたけど自分にはどんなものが合っているのか分からなくて…という方の参考になればと思います。

WiMAXとLTEの共通点について

まずはWiMAXとLTEの共通点である無線モバイルルーターの特徴についてまとめてみました。

wimax
  • 工事の必要がなく端末が届いたらすぐにインターネットが使えます。引っ越しの時にも住所変更や回線工事の必要がないので、引っ越してすぐ使えます!
  • 持ち運びができるので、家の中でも外出先でもインターネットを楽しむことが出来ます。
  • 配線がないから、パソコンまわりがスッキリ!コードが邪魔で掃除しにくい・・・なんてことはもうありません。
  • 1台のルーターで同時にパソコンやタブレット、スマホにも繋げられるので、通信を一本化すれば通信料金が節約できます!

WiMAXとLTEについて比べてみました

<料金について>

料金といっても、月額料金や端末代、事務手数料など様々ですが今回は月額料金で比べてみました。

なんとWiMAXとLTEでは料金は変わらないという結果に!どちらもY!mobile社で2,856円/月が最安値となりました。

料金に関してはWiMAXとLTEというよりは、各プロバイダー間で差が出るのかなと感じました。

lte

<通信速度について>

WiMAX・・・下り最大220Mbps

LTE・・・下り最大165Mbps

速度はWiMAXが2015年3月から220Mbpsに速度アップしたことでLTEよりも速くなっています!LTEの165MbpsもYouTubeの動画視聴やゲームもサクサク楽しめます。

しかし、「通信速度が速い=繋がりやすい」というわけではないようです。

WiMAXは移動中や建物の影になっている場所での通信を苦手としています。逆にLTEは障害物がある場所での通信も安定しているので、そういった場所での通信はLTEの方が繋がりやすいです。

ちなみに電波が届くエリアについてはどちらもあまり変わりはありません。

速度制限について

WiMAX・・・ギガ放題プランなら月間のデータ通信量に制限はありません。(混雑回避のため、3日間で3GB利用した場合の速度制限はあります)

LTE・・・月間で7GB使用すると速度制限がかかります。(混雑回避のため、3日間で1GB利用した場合の速度制限もあります)

WiMAXなら月間のデータ通信量に関係なく高速通信を楽しむことができます。LTEは月間の使用量が7GBを超えると速度制限がかかり1Mbpsの速度でしか通信ができなくなりますので注意が必要です。

※7GBの目安・・・動画で約50時間分

で、結局どちらがオススメ?

WiMAXにするのか、LTEにするのか、決めるポイントは繋がりやすさと速度制限です!

インターネットや動画再生などをよく利用するという方は断然WiMAXがオススメです!混雑回避のための速度制限があるとはいえ、ネット使い放題なのでデータ通信量を気にせずにインターネットを楽しむことができます。月間使用量最安値のWiMAXはBroad WiMAX

電車の中や屋内でよく利用するという方には、地下や屋内でも安定して高速通信ができるLTEがオススメです。月間使用量最安値のLTEはBroad LTE