NEC製のWiMAX2端末新機種が発売!

wimax2jp

WiMAX2+サービスに対応した新型モバイルルーターが発表されました。発売日は6月20日。カラーはブラックとホワイトが用意されています。

NECアクセステクニカ製の超薄型WiNAX2対応端末

従来のWiMAXで定評のあるAtermシリーズを手がけるNECアクセステクニカから待望のWiMAX2+に対応した端末が発表されました。

WiMAX2のサービスが開始されて焼く8ヶ月目にして、ようやく2機種目の発売となります。酷評が多かったWiMAX2従来機「HWD14」一択だったWiMAX2がようやく機種を選べるようになります。

今回発表された「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11」が初の日本製端末ということでも注目されています。

日本製WiMAX2端末はWiMAX2繋がりにくいという汚名返上なるか

通信速度110Mbpsを誇るWiMAX2+。サービス開始当初はまだまだ通信エリアは限定されるものの今後はどんどん拡大されていくことが決定していましたし、期待されたWiMAX2でした。

ところが対応端末は海外製の1機種のみ。この端末の性能がボトルネックとなり期待された通信満足度が得られずWiMAX2よりまだまだWiMAXという口コミが多くネット上でも見られました。

そこにきてついに発表されたNECアクセステクニカの「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11」は、日本製ですから日本にローカライズされたチューニングが施されていることでしょう。WiMAX2+サービスエリア内なのに繋がらないということがなくなれば、今後のモバイルデータ通信の筆頭候補となるでしょう。

「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11」の基本スペック

  • WiMAX2+エリア・・・ 最大110Mbps
  • WiMAXエリア・・・ 最大40Mbps
  • Wi-Fi IEEE802.11ac対応

連続通信時間 最大10.5時間

スマホで休止状態からリモート操作で起動、最短8秒