地下鉄・東京メトロ全線でWiMAXが使用可能に! 走行中でもOK

外でも光並みのネットができるWiMAX。しかし、難点もいくつかありました。その1つは壁に弱いということ。ちょっとした室内であれば問題ありませんが、地下に入るとほとんど繋がりません。

なぜ繋がりにくいかというと周波数に原因があります。携帯電話が800MHz~に対し、WIMAXは2.5GHZ(2500MHz)です。電波は周波数が低いほど弱くなりますが、壁などは通過しやすくなります。

WiMAXは2.5GHZという高周波のため、壁に弱く、地下ではほとんど繋がらないという状態になっています。

私も普段は地下鉄で通勤しているので、乗っている時はほとんど使えず鞄の中に閉まったままでした。

しかし、2013年5月28日より東京メトロの全線でWiMAXが使用可能になったのです。これにより駅や走行中にトンネル内でもWiMAXでネットに繋げることができます。

2013年3月から携帯電話も繋がるようになり、地下だからという理由はなくなってきました。ビジネスマンの方などは通勤中でもニュースやメールをチェックすることができ、通勤時間を有効的に使うことができますね。

これまでは車内でもマナーの問題から、トンネル内の通信網の設置は見送られてきました。しかし、近年のスマートフォンやタブレットの普及により、車内でもネット通信の需要に答えるかたちとなります。

今後はより車内マナーの意識が強く持つことが必要となってくるでしょう。