WiMAXの種類

インターネットを利用する時、とても便利になってくるのがWiMAXです。
このWiMAXを利用している人も、最近は多くなってきました。
持ち運びが可能な移動型の通信端末であるWiMAXは、4つの種類に分類できます。

■データ通信端末型

これはUSBスティックタイプの端末のものです。
最近はルーター型が多くなっていますので、あまり見かけなくなっています。
データ通信端末型はバッテリー切れなどの心配がないので、ビジネスマンなどに根強い人気があります。
契約期間は、料金プランによって変わってきます。

■WiMAXパソコン型

WiMAXルーターが内蔵されたパソコンです。
USBタイプのように差し込みは必要ありません。
ですので、作業もスムーズに行えます。
契約期間については、それぞれの料金プランによって変わってきます。

■WiMAX Speed Wi-Fi型

これはスマートフォンやタブレットでも通信できる、無線ルーターの形をしたカードタイプの端末です。
ケーブルがないので、引っかかる心配もいりません。
またゲーム機などにも対応しています。
契約期間については料金プランによって変わりますが、機種代金がある場合は2年間の分割支払いの場合もあります。

■WiMAX Speed Wi-Fi(WiMAX+2対応)型

これはWiMAX Speed Wi-Fi型と似ていますが、高速通信が魅力です。
つながりやすさ、最速、また速度制限なしの選択ができます。
自分に合った方法で選択できます。またスマートフォンの充電も可能です。
機種の代金は分割のケースが多くなっています。
しすし途中解約しても、機種代金だけは支払うことになります。