WiMAXの将来性

WiMAXがあればインターネットの利用も便利になりますが、今後の動向が気になるところでもあります。
インターネット関連の雑誌やネットのまとめサイトなどでは、よくWiMAXの将来性についての記事を見かけることがあります。
本来ならば単一規格を採用すればいいのですが、通信速度や利用エリア、また利用方法などによって様々な方式に分かれます。
そのため、それぞれの要素を総合的に判断する必要があります。
しかし将来的には、今まで以上にモバイル通信の果たす役割が大きくなることは間違いありません。

■モバイル通信の将来性について

通信規格の統一化が理想ですが、通信規格が完全に統一される時代はまだまだ先のことになります。
しかしその時に、自分自身の利用用途に合致した通信手段を見つけることができれば特に問題はありません。
今後は次世代の通信規格である4Gに採用されている「LTE-Advanced」、そしてWiMAX2+の二つが主力になることが予想されます。
しかし場合によっては新しい規格が出てくる可能性もありますので、注目したいところでもあります。
モバイル通信はとても便利ですので、今後はさらに進化していくことが予想されます。

■通信量制限の廃止の可能性

WiMAXは通信量無制限が大きな売りになっています。この点を重視してWiMAX を選択した人も多いのではないでしょうか。
しかしWiMAX2+は通信量の制限がありますので、WiMAX 2+の利用を敬遠する人もいます。
この辺は、WiMAXサービスを提供しているUQ コミュニケーションズ社の対応いかんになってきます。
将来的にWiMAX 2+の利用率が下がってくれば、UQ コミュニケーションズ社も通信制限を考慮することが考えられます。
その辺の動向が気になるところでもあります。