WiMAX搭載パソコンのデメリット

Wimax搭載パソコンにはデメリットというデメリットがありません。 Wimaxを特に使うことがない人でも外出先でインターネットがすぐに使えるのでいざというとき便利で使い勝手がいいと好評です。 しかしWimax搭載パソコンは反面不便だと感じる人もいます。 iphoneやスマホを持っていた人がパケット代節約ができなくなったことです。 いままでのようにWimaxに繋ぐことができなくなり月額料金割引が適用されなくなりました。 故障して修理に出した場合、パソコン引き取り期間Wimaxも使えなくなります。 またWimax搭載パソコンというとで、こだわりデジタルモバイル製品というイメージも強くWimax以外の機能も搭載されているので価格はやや高めです。 このようなことを考えるとWimaxが搭載されていないPCでもかまわないという人もいるでしょうが、その場合PCのスペックが問題になります。 たとえばパソコン自体に通信アダプターを取り付けてインターネットにつなげる場合、アダプターを取り付けるためのドライバが必要になり古いバージョンのパソコンにはドライバが入っていないのでインターネットに繋ぐことができません。 またモバイルルーターを使ってインターネットに繋いでも通信速度を維持するためやゲーム、動画など余裕を持って楽しめるPCの性能が必要になります。 旧バージョンのPCではこれらを十分に満たすだけの性能はありません。 Wimaxパソコンなら通信アダプターを取り付けたりモバイルルーターを用意する必要はありません。 このようなことからWimaxパソコンはデメリットが少なくメリットが多い大変優れた性能のPCといえます。